HOME>史跡や観光スポットが多い>史跡や観光スポットが多い

江戸時代に築かれた一里塚や日本庭園

板橋区志村は東京都の北東に位置していて、江戸時代には徳川吉宗が鷹狩りの際の休息の場所にしたと言われている延命寺があります。志村には他のも史跡や観光スポットがたくさんあり楽しむことができます。志村二丁目には志村氏によって、築かれた志村城の空堀が残っています。また志村城の二の丸跡には志村熊野神社が建てられています。それから志村坂上駅から歩いて7分ぐらいの場所には見次公園があります。この公園には大きな池があり、手漕ぎボートに乗ることができるのでカップルで楽しめます。また見次公園は桜の名所としても知られています。そして見次公園から歩いて3分のところにはスーパー銭湯のさやの湯処があります。露天風呂もあり体の芯から温まります。さらに見次公園から歩いて17分の場所には、体重計で有名なタニタふれあい広場があります。タニタふれあい広場にある健康小径は、裸足で歩くと健康にいいと言われています。そして志村坂上駅の近くには板橋十景に選ばれた志村一里塚があります。志村一里塚は江戸時代に徳川家康によって整備されていて、緑がきれいな場所で石碑が立っています。また国道17号線には薬師の泉庭園があります。滝や池もあり草花も植えられているこじんまりした日本庭園です。また志村坂上駅から歩いて10分のところには室町時代に創建された龍福寺があります、芝が非常にきれいなお寺です。

What’s New